• ホーム
  • 自宅で使用できるハイドロキノンのスキンケア商品の注意

自宅で使用できるハイドロキノンのスキンケア商品の注意

顔を洗っている女性

強力な美白効果でもって有名なハイドロキノンは、美容目的として、医療の現場や一般家庭でも頻繁に使われています。
ほかにも美白のための成分はありますが、そのパワーはハイドロキノンの足元にも及びません。
個人で使う場合は、濃度を4%以下にしなければならないと、法律で決められているほどです。
それほどの強い効果を持った美白成分なのです。
4%を超えて配合されている化粧品を使うと、時によっては、肌が赤くなったり、かぶれたり、あるいは痒くなるなどといった肌トラブルが発生する危険性が出てきます。
欧米では、古くから化粧品の成分として使われていたのですが、日本では、2001年に、初めて認められるようになったのです。
そもそもは、ハイドロキノンは化学品原料であったのですが、その美白効果の高さが注目され、安全性が確認されたこともあって、化粧品の世界にも入ってきたのです。
今では、自宅で簡単にできる美白ケアとして、ハイドロキノンは大いに力を発揮するようになりました。
ハイドロキノン配合の化粧品の美白効果は見事なものですが、家庭での使用にあたっては注意が必要です。
一般に市販されているハイドロキノン配合の化粧品は、4%以下であっても、初めて使うときは、パッチテストを済ませて異常がないのを確認してから、使用するのが安全です。
また、これはある意味当然ことですが、使用期限が過ぎた製品は使ってはいけません。
さらに、しみやにきびが取れたというように、望んでいた効果が出た後は、その部位に塗るのはストップします。
ときおり、美白効果を謳ったハイドロキノン高濃度配合の化粧品がネットで宣伝されていることがありますが、7%も10%配合されているとなると、あまりにリスクが高いです。
そんな賞品の購入は見合わせるべきです。