• ホーム
  • トレチノインとハイドロキノンは相性が良い成分

トレチノインとハイドロキノンは相性が良い成分

顔を洗う女性

シミは、紫外線ダメージや皮膚の炎症、老化現象により引き起こされるメラニン色素の沈着が原因の肌トラブルです。
メラニン色素は、情報伝達物質と呼ばれる副腎皮質刺激ホルモンや強力な血管収縮作用を有するエンドセリン、老化現象を引き起こすフリーラジカルなどがメラノサイトへ送られ生合成が促進されます。
メラニン色素は、モノフェノールモノオキシゲナーゼなどのメラニン合成酵素群やフェニルアラニンヒドロキシラーゼの作用により、色素形成細胞で必須アミノ酸であるフェニルアラニンから生合成されています。
トレチノインは、表皮角化細胞の強い増殖促進作用があり、レチノイドにより細胞増殖因子が分泌され表皮組織のターンオーバーが促進され、表皮内のメラニン色素を排出する効果が期待出来ます。
しかし、トレチノインは、表皮の基底層に存在するメラノサイト内のモノフェノールモノオキシゲナーゼの活性抑制作用やメラニン産生抑制作用などの直接的な効果は無いとされています。
ハイドロキノンは、メラニン色素の生成を促進するモノフェノールモノオキシゲナーゼの活性化を阻害し、メラニン色素の生成を抑制する作用があり、新しく出来るシミや既存のシミを除去する効果があります。
しかし、ハイドロキノンは、分子サイズが大きい為に表皮の深層に形成されるメラニン色素やメラノサイトに対して効果が及ばないとされています。
トレチノインとハイドロキノンの併用は、トレチノインの作用により角質の剥離が引き起こされハイドロキノンの浸透率が高くなり、更にハイドロキノンの効果が及ばなかった深層に出来たメラニン色素をターンオーバーの促進作用で押し上げ、ハイドロキノンとトレチノインを単体で使用した時よりも短時間でより大きな美白効果が得られます。